セミナー情報

ノウハウを見える化する「製造技術標準」のつくり方・活用法(東京)

遠藤メソッドセミナー(新技術開発センター)

■概要

行為保証という考え方をベースに、管理者が作業者に伝えるべき「プロセスの基準」を、誰でもわかる!誰でも使える!コミュニケーションツールにしたものが「製造技術標準」です。その書式には、使いやすさを追求した考え方や工夫、よくある失敗事例など、運用上で発生する問題を回避する為のノウハウが詰め込まれています。現場で使える本当の「製造技術標準」をわかりやすく、解説いたします。

「製造技術標準」とは
現場のノウハウである、工程の具体的な「行為保証」の内容(保証方法・勘所・過去の問題点、○の事例・×の事例などを写真で文書化)を標準化し、誰でも(新人や外国人)使えるよう、さまざまな場面で使える書式にまとめられた「現場での使いやすさ」を求めた帳票です。

■プログラム

1 遠藤メソッドの概要

2 行為保証と問題真因構造図の理解

3 出来映え管理からプロセス管理への転換

4 製造技術標準の役割・働き

5 伝えるべきノウハウとは?

6 空き缶モデル実習

7 行為保証への置き換え

8 製造技術標準の作成プロセス

■日時

2017年8月18日(金)10:00〜17:00

■場所

新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F(MAPで確認する)

■主催(当セミナーへのお問い合わせ先)

株式会社新技術開発センター セミナー係
TEL:03-5276-9033
E-mail:service@techno-con.co.jp

■お申し込み方法

新技術開発センター セミナーページ(外部リンク)より、
東京会場(8/18)の「申し込む」ボタンからお申し込みください。